このページの先頭です

医療脱毛の効果を高める為におすすめのセルフケア方法

11views

投稿日:

セルフケアで医療脱毛の効果を高める

ムダ毛がなく、すべすべの肌に生まれ変われるのが魅力の医療脱毛。プロの施術による医療脱毛はそのままでも十分な効果が期待できますが、さらに効果を高めたいなら適切なセルフケアを行いましょう。医療脱毛は肌の状態や日頃の体調管理が大きく影響します。

体調がすぐれないまま施術を受けると肌にダメージが残りやすくなってしまい十分な施術が行えません。正しいセルフケアで状態を万全に整えておくことで医療脱毛の効果は最大限引き出され、少ない施術回数で高い脱毛効果が発揮されるでしょう。セルフケアは難しいものではありません。

ちょっとしたケアや生活習慣の改善だけでも効果は期待できます。セルフケアをきちんと行えば施術回数は少なく期間も短くなり医療脱毛にかかる費用を大きく節約できます。美肌を実現させるためにも正しいセルフケアを実践しましょう。

医療脱毛の効果を高めるおすすめセルフケア方法

保湿で肌の潤いをキープ

医療脱毛の効果を高めるセルフケアで重要なのが肌の水分量です。レーザーで施術を行う医療脱毛ではムダ毛が生えている肌部分にもレーザーが照射されます。医療用レーザーはムダ毛の黒色のみに反応する性質がありますが肌に全くダメージを与えないわけではありません。

肌の水分量が少なく乾燥している状態だとレーザーによって肌に赤みやはれなどのダメージが残るリスクが発生するので、安全に施術を受けるためにもしっかりと保湿ケアをしましょう。施術予定の肌には保湿クリームや化粧水をたっぷり使ってたっぷりの水分を補給しましょう。

使うのは高級品でなくても構いませんが量をケチると保湿効果が低下してしまいます。安いものでいいのでたっぷり使って潤いを与えておけば肌を痛めることなく安全に施術が受けられます。

日焼けを避けるために紫外線対策

保湿と並んでおすすめのセルフケアが紫外線対策です。医療用脱毛レーザーは黒色に反応する性質を利用してムダ毛を脱毛しますが、肌が日に焼けていて黒ずんでいると本来守るべき肌部分にまでレーザーが反応してしまう危険性が考えられます。

ムダ毛に比べれば反応の程度は低いものの安全性を考えれば日焼けしない方がいいので、しっかりと紫外線対策をして施術予定部分の白さをキープしておきましょう。腕や足は長袖、長ズボンを着用して紫外線から保護してください。顔や手などは日焼け止めを塗って紫外線を防ぎましょう。紫外線対策として日傘もおすすめです。

日焼け止めと日傘を併用すれば露出している部分も紫外線からきっちりガードできます。紫外線を浴び続けると日焼けで変色するだけでなく肌の水分も減少してしまいます。安全に施術を受けるために極力肌を紫外線にさらさないようにしてください。

規則正しい生活で体調管理

最も重要で基本となるセルフケアが規則正しい生活です。生活リズムの乱れはホルモンバランスを崩す原因です。ホルモンバランスが崩れると肌の状態が悪化するだけでなくムダ毛が増えたり濃くなったりします。

体調が乱れた状態では医療脱毛を断られるケースも多く、脱毛完了までに余計な費用と期間がかかってしまいます。スケジュール通りに脱毛を進めたいのなら施術期間は規則正しい生活を意識して体調をしっかり整えましょう。

自己処理は最低限に控える

医療脱毛を受けるならムダ毛の自己処理は最低限に控えましょう。ムダ毛を抜くと更に濃くなるなどという噂や口コミがありますが、自己処理が直接的にムダ毛を増やすことはありません。そのかわり下手に自己処理をすると医療脱毛施術がしにくくなり期待したほどの効果が得られない可能性が高まります。

自己処理の是非に関してはネットの口コミなど無責任な話を参考にせず、医療脱毛施術を受けるクリニックで相談しましょう。専門スタッフに相談すれば真偽のあやふやな口コミよりもずっと信頼できるムダ毛処理に関するアドバイスがもらえます。