このページの先頭です

痛みはどれくらい?医療脱毛の疑問をスッキリ解決!

77views

投稿日:

どのくらいの痛みがするの?

医療脱毛は口コミなどでも「痛い」と有名です。そのような口コミを見て、医療脱毛でどのくらいの痛みがするのだろうと心配している人も多いでしょう。医療脱毛の痛みは一般的に輪ゴムでパチンと当てられた痛みといわれています。ただ、これは個人差があるため、これ以上の痛みを感じる人もいれば、これほど痛みを感じないという人も多いです。

そのため、医療脱毛の痛みに関しては、実際に体験してみることでしか、理解することはできないということになります。医療脱毛クリニックでは無料体験を行っているところもあるため、口コミなどを参考にするよりは、実際に体験してみて、その痛みを判断してみましょう。それでどのくらいの痛みがするのかということがわかります。

部位によって痛みは変わる

医療脱毛の痛みは個人差があるという話でしたが、部位によっても痛みは変わります。それを判断するための指標は二つです。毛の太さと皮膚の厚さとなります。毛が太いとそれだけ毛根も大きく、根深い場所にあることが多いため、痛みを強く感じてしまいます。

さらに、皮膚が薄い部分は骨との距離が近くなってしまうため、これも痛みが強くなる要素なのです。結果としてはVIOや指先、顔などが痛みを感じやすい部位となります。覚えておきましょう。

麻酔で痛みがなくなる

医療脱毛は「医療」という言葉がついているくらいですので、医師が常駐しています。そのため、おすすめなのが麻酔を使うという方法です。麻酔を使えば、痛みはかなり軽減されますので、痛い医療脱毛をストレスなく、受けられるようになります。追加料金はかかってしまいますが、痛みを我慢しながら医療脱毛を受けるのも酷な話ですので、耐えられないという人は麻酔の利用がおすすめです。

本当に効果が出るの?

医療脱毛を受ける上では、本当に効果があるのだろうか、という疑いを持つ人も多いでしょう。よく口コミなどでは、脱毛施術を受けたにもかかわらず、まったく効果を得られなかったという口コミが存在するため、不安を感じても仕方ありません。ただ、効果が出ないというような口コミは、ほとんど脱毛サロンの口コミです。

脱毛サロンで行っている光脱毛は、医療脱毛で行われるレーザー脱毛よりも格段に効果が低い脱毛方法ですので、施術を受けても効果が出ないことがあります。レーザー脱毛の場合、医療行為ということもありますし、光脱毛よりも格段に強い光で施術を行うため、まったく効果が出ないということはあり得ません。ただ、条件によっては効果が出ないという人も存在します。

途中で施術をやめてしまった人

脱毛の方法にかかわらず、脱毛というものは効果が出るまでに一定の期間が必要となるものです。レーザー脱毛ならば一年ほどの期間となりますが、この期間の中で施術回数を重ねていくことで、始めて脱毛効果が現れるようになります。

そのため、施術回数が一回だけの人や、途中で施術をやめてしまったという人は、当然、脱毛効果は現れないのです。逆に言えば、長い期間と必要な施術回数を重ねれば、脱毛効果は現れるということになるということですので安心してください。

心配な人は保証をつけよう

どれだけ大丈夫と言われても心配な人は、保証をつける方法がおすすめです。医療脱毛の保証の中には、永久保証という全ての施術が終わっても、満足する効果が出るまで無償で施術を受けられる保証や、返金保証という満足する効果が得られなかったら、支払ったお金を返金してもらえる保証などがあります。

このような保証があれば、効果に不安があっても、安心して施術を受けられるでしょう。簡単に不安を取り除くことができるため、おすすめの方法です。ただ、全てのクリニックにこのような保証があるわけではないため、保証を求める人は、クリニックを選ぶ際に確認しておくということが大切です。