このページの先頭です

脱毛効果がグンとアップ!医療脱毛後のアフターケアは超重要!

95views

投稿日:

医療脱毛を受けた後に行いたいアフターケアについて

クリニックでも行われる脱毛後の処置

医療脱毛を受けた後、自身でしっかりとその後のケアを行うことで脱毛効果をアップさせることが可能です。より高い効果を得られれば完了までにかかる回数を少なくできますし、クリニックに通う期間も短縮できますので、意識しておくことをおすすめします。クリニックでも脱毛をしてすぐに終わりというわけではありません。

照射が終わった後には部位を冷やし、保湿ケアを行います。レーザーを照射した後は身体が熱を持つために冷やすことが必要になりますし、身体が軽い火傷を負ったような状態になり肌の保水力が衰えて乾燥してしまうため、保湿が重要です。医療脱毛は肌に優しいといってもある程度はダメージを受けてしまうからこそ、きちんとアフターケアをしていかなければなりません。

自身でも念入りに保湿をする

医療脱毛後は特に熱によって肌の水分が蒸発し、毛穴が刺激されて皮脂の分泌量も少なくなってしまっている状態です。クリニックで保湿クリームを塗ってもらっていてもそこで終わりにせず、当日だけではなく日々保湿ケア行って肌を乾燥させないことが大切になります。

乾燥しているとダメージに対して敏感になり、レーザーで痛みを感じやすくなるというデメリットもありますし、乾燥肌を外部の刺激から守るために、ムダ毛も生えやすくなってしまうのです。さらに、脱毛で負ってしまったダメージの修復力が衰えます。アフターケアではまず何よりも保湿を考えることがおすすめです。

その際には肌にとって刺激にならないオイルやクリームを使うのがポイントです。なるべく成分が優しく香料や着色料といった余計なものが入っていないものを選んで、たっぷり使用するようにしてください。口コミなどを見て、敏感肌の方でも安心して使用できる成分が使われていると評判のものを利用することをおすすめします。

また、医療脱毛の施術を受ける前は、肌に保湿クリームなどを塗ることは禁止されています。当日はしっかりと落としてから施術に臨み、その後に保湿ケアを行うようにしましょう。

日焼け対策を徹底する

医療脱毛を受けている期間中は、肌が黒くならないように紫外線対策を行うことが大切です。黒い色に反応するレーザーを使用していることから、肌が焼けてしまうと出力を落とさざるを得ず、最悪の場合には契約回数が残っていても施術ができなくなってしまうのです。

口コミでも、日焼けによって脱毛ができなくなったという声が珍しいものではありません。加えて、施術を受けた後はいつもよりも熱や刺激に過敏に反応します。紫外線のダメージも受けやすくなっているため、日焼け止めをしっかりと塗るか、露出をしないように気をつけてください。

施術後のNG行動にも要注意

身体を温めないように気をつけておくこと

レーザー脱毛を受けた後は、身体が熱を持っている状態になります。脱毛をした直後にお風呂に入ったり、運動をして体温を上げないようにしてください。血行が促進されることで肌が赤くなったり、施術をした部位に痒みを生じさせてしまいます。クリニックでも脱毛後に部位を冷やしますが、火照りを感じるようであれば自分でも冷やすようにするのがおすすめです。

ムダ毛が残っていても自分では抜かないようにする

施術を受けた後、脱毛効果が現れるまでの期間は10日ほどです。口コミでも毛が抜け落ちるまでの期間の平均はこのくらいが多く、回数を何回重ねても早くなることはありません。それまではいくら気になるムダ毛があっても毛抜きなどで抜かないようにしてください。

伸びてきたムダ毛に関しては、表面に出てきたものを剃るだけに留めておくことです。炎症の原因になりますし、せっかくの毛根へのダメージが充分に伝わらなくなり、脱毛効果が薄れてしまいます。